1. [ホーム]
  2. [メンバー紹介]
  3. [桑田修平]

メンバー紹介

桑田修平 (株式会社NTTドコモ)

研究内容

パターン認識、機械学習、データマイニング
マーケティング

略歴

2003年3月:早稲田大学松嶋研究室 修了(修士)
2003年4月~2005年3月:NTTデータ
2005年4月~2007年9月:NTTコミュニケーション科学基礎研究所
2007年10月~2013年11月:NTTデータ
2013年12月~:NTTドコモ

業績

≪論文誌≫

桑田修平,一括予測型協調フィルタリング,情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用,48(SIG_15(TOM_18)), pp.153-162,2007

桑田修平,ディリクレ過程混合モデルに基づく離散データの共クラスタリング,情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用,vol.1, no.1, pp.60-73,2008

桑田修平,バイヤーの入札行動を支援する情報提供フレームワークの提案,オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,vol.54, no.2, pp.91-97,2009

矢野順子,食卓メニューデータに基づくメーカ主導のタイミングを考慮した販売促進のための分析フレームワーク,オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,vol.55, no.2 , pp.98-105,2010

Tsutomu Matsunaga,COMPUTATIONAL GENE KNOCKOUT REVEALS TRANSDISEASE-TRANSGENE ASSOCIATION STRUCTURE,Journal of Bioinformatics and Computational Biology,vol.8, no.5, pp.843-66,2010

桑田修平,コンセプトと販売実績に基づくテナント・リバランス,オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,56(2), 84-90,2011

桑田修平,中川慶一郎,"ビッグデータ時代のビジネス・インテリジェンス~次世代ビジネス・インテリジェンス~,"情報処理学会デジタルプラクティス,Vol4,No.1,pp.38-43,January 2013

桑田修平,海老沢和則,中川慶一郎,"M2Mデータの活用法と処理基盤,"電子情報通信学会誌,Vol.96,No.5,pp.347-353,May 2013

≪国際学会≫

Shuhei Kuwata,One-shot Collaborative Filtering,Proceedings of the IEEE Symposium on Computational Intelligence and Data Mining, CIDM 2007,pp.300-307, Hawaii, USA,2007

≪国内学会≫

桑田修平,状態空間モデルを用いた時系列解析に関する一考察-モンテカルロフィルタにおけるサンプリング方法について-,日本経営工学会秋季研究大会予稿集,pp.218-219,2001

桑田修平,ベイズ決定理論に基づくロバストなパターン認識に関する一考察,第25回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.1, pp.283-286,2002

桑田修平,属性抽出に基づく結果解釈を目的としたクラスタリング手法の検討,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,vol.104 no.125, pp.13-18,2004

桑田修平,周辺評点分布に基づく協調フィルタリング,電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理,vol.106 no.38, pp.13-18,2006

桑田修平,周辺評点分布に基づく協調フィルタリング手法における予測アルゴリズムについて,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,vol.106 no.429, pp.7-12,2006

桑田修平,一括予測型協調フィルタリング,情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告,2007(19), pp.13-16,2007

桑田修平,ノンパラメトリックベイズモデルによるグラフクラスタリング,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,vol.107 no.115, pp.81-86,2007

上田修功,ディリクレ混合過程モデルに基づく半教師有り学習,電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学,vol.107 no.114, pp.87-92,2007

桑田修平,ディリクレ過程混合モデルに基づく共クラスタリング,人工知能基本問題研究会,67, pp.65-70,2007

桑田修平,ディリクレ過程混合モデルに基づく離散データの共クラスタリング,情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告,2007(128), pp.9-12,2007

桑田修平,落札価格決定モデルに基づくバイヤーへの入札支援情報提供フレームワーク,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,pp.52-53,2008

後藤和宏,タイミングを考慮した販売促進活動のための食卓データ活用,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,pp.197-198,2009

桑田修平,顧客行動分析におけるCEPを用いたストリームデータの活用,電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学,110(107), pp.13-18,2010

桑田修平,コンセプトと販売実績に基づくテナント・リバランス,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,pp.30-31,2010

≪卒業論文≫

桑田修平,状態空間モデルを用いた時系列解析に関する研究 モンテカルロフィルタにおけるリサンプリング方法について,早稲田大学卒業論文,,2000

≪修士論文≫

桑田修平,ベイズ決定理論に基づくロバストなパターン認識手法に関する一考察,早稲田大学修士論文,,2002

≪博士論文≫

統計的学習に基づく推薦方式に関する研究(2012)

≪著書≫

『データサイエンティストの基礎知識 挑戦するITエンジニアのために』(分担執筆)(2014)

≪その他≫

平成19年度 PRMU研究奨励賞
平成19年度 数理モデル化と問題解決研究会プレゼンテーション賞