1. [ホーム]
  2. [メンバー紹介]
  3. [前田康成]

メンバー紹介

前田康成 (北見工業大学)

研究内容

知識情報処理
統計的決定理論

略歴

1997.4 日本電信電話株式会社
2000.4 東日本電信電話株式会社
2005.10 北見工業大学情報システム工学科 助手
2007.4 北見工業大学情報システム工学科 助教
2010.10 北見工業大学情報システム工学科 准教授

業績

≪論文誌≫

前田康成,学習データが少量しかない場合の文書分類に関する一考察,電気学会論文誌,vol.131, no.8, pp.1459-1466,2011

前田康成,マルコフ決定過程の動作時間と受信バッファ容量が有限の選択再送ARQへの適用,電子情報通信学会論文誌,vol.J93-A, no.8, pp.572-578,2010

前田康成,学習期間と制御期間に分割された強化学習問題における最適アルゴリズムの提案,情報処理学会論文誌,vol.39, no.4, pp.1116-1126,1998

≪国際学会≫

Yasunari MAEDA,Applying Markov Decision Processes to Selective-repeat ARQ with Finite Receiver Buffer,2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology(ISMAC2010),pp.228-231, Manila, Philippines,2010

Yasunari MAEDA,Document Classification Method with Small Training Data,ICROS-SICE International Joint Conference 2009,pp.138-141, Fukuoka, Japan,2009

Yaunari MAEDA,A Note on Theoretical Limit of Type-I Hybrid Selective-repeat ARQ with Finite Receiver Buffer,Tenth International Symposium on Communication Theory and Application,,2009

Yasunari Maeda,A Note on Morphological Analysis Methods based on Statistical Decision Theory,SICE 2007 PROCEEDINGS,pp.1563-1568, Takamatsu, Japan,2007

Yasunari MAEDA,A Note on Spelling Correction Methods based upon Statistical Decision Theory,Proceedings of The 2006 International Symposium on Information Theory and Its Applications,pp.880-885, Seoul, Korea,2006

≪国内学会≫

前田康成,通信路状態が未知の選択再送ARQに関する一考察,第32回情報理論とその応用シンポジウム,vol.32, no.2, pp.759-764,2009

前田康成,ブロック誤り率が未知の場合の選択再送ARQに関する一考察,第31回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.1005-1010,2008

前田康成,スペルミスを伴う形態素解析に関する一考察,第30回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.828-832,2007

前田 康成,未知パラメータを伴う隠れマルコフモデルの状態推定に関する一考察,第29回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.29, no.2, pp.609-612,2006

前田康成,統計的決定理論に基づく複数のクラスに属する文書の分類方法に関する一考察,電子情報通信学会技術研究報告,vol.105, no.665, IT2005-89, pp.147-152,2006

前田康成,未知パラメータを含むマルコフ決定過程に関する一考察,電子情報通信学会技術報告,vol.95, no.145, IT95-17, pp.25-30,1995

≪卒業論文≫

前田康成,未知パラメータを含むマルコフ決定過程に関する一考察,早稲田大学卒業論文,,1994

≪修士論文≫

Yasunari MAEDA,The Optimal Algorithms for The RL Prloblem Separated into a Learning Period and a Control Period,早稲田大学修士論文,,1996