1. [ホーム]
  2. [メンバー紹介]
  3. [野村亮]

メンバー紹介

野村亮 (専修大学)

研究内容

シャノン理論
情報源符号化

略歴

1998年〜2001年 早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程

2000年〜2003年 早稲田大学理工学部助手
2003年〜2004年 早稲田大学理工学総合研究所嘱託
2004年〜2008年 青山学院大学理工学部助手
2008年〜2010年 青山学院大学理工学部助教
2010年〜 専修大学ネットワーク情報学部専任講師

業績

≪論文誌≫

野村亮,メモリ量を低減した近似ベイズ符号化アルゴリズム,電子情報通信学会論文誌,vol.J86-A, no.1, pp.46-59,2003

北原正樹,ウェーブレットパケット基底を用いた信号推定におけるベイズ決定理論の適用に関する一考察,電子情報通信学会論文誌,vol.J85-A(5), no.5, pp.584-596,2002

野村亮,無ひずみ情報源符号化におけるオーバフロー確率について,電子情報通信学会論文誌,vol.J90-A, no.4, pp.292-304,2007

,A Note on the Epsilon-Overflow Probability of Lossless Codes,電子情報通信学会論文誌,vol.E90-A, no.12, pp.2965-2970,2007

Ryo NOMURA,On the Condition of $\epsilon$ - Transmissible Joint Source - Channel Coding for General Sources and General Channels,電子情報通信学会論文誌,vol.E92-A, no.11, pp.2936-2940,2009

Ryo NOMURA,On Precise Achievable Conditions in Resolvability Problem Based on the Asymptotic Normality,Far East Journal of Electronics and Communications,vol.3, no.3, pp.85-99,2009

野村亮,多端子情報理論に基づくセンサネットワークのモデル化と信頼度評価,情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用,vol.3, no.1, pp.13-24,2010

野村亮,KL情報量を制約としたResolvability問題における達成可能条件の評価,電子情報通信学会論文誌,vol. J93-A, no.3, pp.216-221,2010

≪国際学会≫

Ryo Nomura,An Approximation Algorithm of Bayes Coding for FSMX sources,Proceedings of International Symposium on Information Theory and Its Applications (Mexico),pp.174-177, Mexico City, Mexico,1998

Ryo Nomura,On the variance and the probability of length overflow of lossless codes,Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (Italy),p.44, Sorrento, Italy,2000

Ryo Nomura,On the evaluation of the achievable codelength of Fixed-length codes,Proceedings of the 2002 International Symposium on Information Theory and Its Applications,, Xian, China,2002

Ryo Nomura,On the Epsilon-Overflow Probability of Lossless Codes,Proceedings of 2007 IEEE International Symposium on Information Theory,pp.441-445, Nice, France,2007

Ryo Nomura,On the Condition of - Transmissibility in Joint Source - Channel Coding for Mixed Sources and Mixed Channels,Proceedings of 2008 International Symposium on Information Theory and Its Applications,pp.1299-1304, Auckland, New Zealand,2008

Ryo Nomura,An Information Spectrum Consideration on the Universal Joint Source - Channel Coding,Proceedings of Pre-ICM International Convention on Mathematical Sciences,pp.111-112, Delhi, India,2008

Ryo NOMURA,On the Overflow Probability of Fixed-to-Variable Length Codes with Side Information,Proceedings of Data Compression Conference 2010,p.548, Snowbird, Utah,2010

Ryo NOMURA,On the Overflow Probability of Lossless Codes with Side Information,2010 IEEE International Symposium on Information Theory,pp131-135, Austin, Texas,2010

≪国内学会≫

野村亮,符号長の分散とオーバーフロー確率について,第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.1, pp355-358,1999

野村亮,ベイズ符号化法におけるメモリの問題点に関する一考察,第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.1, pp.353-356,1997

野村亮,メモリに制限がある場合のベイズ符号化法について,電子情報通信学会技術報告,vol.96, no.161, IT-96-15, pp.31-36,1996

野村亮,ユニバーサル符号における固定長符号の誤り率と可変長符号のオーバーフロー確率について,第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.2, pp.511-514,2000

野村亮,補助情報を伴う情報源符号化定理に関する一考察,電子情報通信学会技術報告,pp.31-36,2009

Ryo NOMURA,A Note on Noiseless Separate Source Coding Theorems for Correlated Sources,第7回シャノン理論ワークショップ予稿集,pp.41-47,2009

Ryo NOMURA,A Note on the Second Order Separate Source Coding Theorem for Sources with Side Information,第32回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.637-642,2009

Ryo Nomura,On the Overflow Probability of Lossless Codes for Mixed Sources,第31回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.462-467,2008

野村亮,複合情報源におけるε達成可能なオーバーフローしきい値に関する考察,電子情報通信学会技術報告,vol.107, no.42, IT2007-7, pp.37-42,2007

野村亮,ユニバーサル情報源・通信路結合符号化に関する一考察,電子情報通信学会技術報告,vol.107, no.422, IT2007-25, pp.1-6,2008

野村亮,混合情報源に対する$\epsilon$達成可能なオーバーフローしきい値に関する考察,第30回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.290-293,2007

,On the Condition of $\epsilon$-achievable Overflow Thresholds for Mixed Sources,第30回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.290-293,2007

Ryo Nomura,A Note on the overflow probability of lossless codes,第29回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.29, no.2, pp.799-802,2006

中野晶,FSMX情報源に対するベイズ符号のメモリ量削減アルゴリズム,電子情報通信学会技術報告,vol.105, no.191, IT2005-50, pp.47-52,2005

野村亮,インターネットを用いた研究支援環境~電子会議システム~,経営情報学会2005年春季全国研究発表大会予稿集,pp.254-257,2005

野村亮,「インターネットを用いた研究活動支援システム」システム構成と評価,第13回日本経営工学会秋季大会予稿集,pp.252-253,2001

野村亮,「インターネットを用いたゼミと研究指導」実用化報告,2002PCカンファレンス論文集,pp.60-61,2002

野村亮,ユニバーサル通信路符号化法における通信路容量について,電子情報通信学会技術報告,vol.103, no.711, IT2003-74, pp.7-11,2004

Ryo Nomura,On the Channel Capacity of Universal Channel Coding,第25回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.2, pp.635-638,2002

Ryo NOMURA,Achievable Condition in Resolvability Problem for Mixed Sources,第33回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.138-143,2010