1. [ホーム]
  2. [メンバー紹介]
  3. [小泉大城]

メンバー紹介

小泉大城 (小樽商科大学)

研究内容

統計的決定理論
ベイズ統計学
確率モデル

業績

≪論文誌≫

Norihiro Kamide,Method for Combining Paraconsistency and Probability in Temporal Reasoning,Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,vol.20, no.5, pp.813-827,2016

Daiki Koizumi,Reliability - Based Hybrid ARQ Scheme with Encoded Parity Bit Retransmissions and Message Passing Decoding,IEICE Trans. Fundamentals,vol.E90-A, no.9, pp.1736-1744,2007

Naoto KOBAYASHI,A Note on Error Correction Schemes with a Feedback Channel,IEICE Trans. Fundamentals,vol.E89-A no.10,pp.2475-2480,2006

≪国際学会≫

Daiki Koizumi,On the Maximum Likelihood Estimation of Weibull Distribution with Lifetime Data of Hard Disk Drives,Proceedings of the 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'17),pp. 314-320,2017

Michio Sonoda,On the Approximate Maximum Likelihood Estimation in Stochastic Model of SQL Injection Attacks,Proceeding of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2016),pp. 802-807,2016

Daiki Koizumi,On the Weibull Distribution with Nonstationary Scale Parameter,Proceeding of the International Society for Bayesian Analysis (ISBA) 2016 World Meeting,p. 323,2016

Norihiro Kamide,Combining Paraconsistency and Probability in CTL,Proc. of The 7th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2015, vol. 2,pp. 285-293, Lisbon, Portugal,2015

Daiki Koizumi,SQL Injection Attack Detection with Contingency Table,Proceeding of The International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2014),p. 340, Melbourne, Australia,2014年

Shigeichi Hirasawa,Learning Styles for e-learning Systems over Virtual Desktop Infrastructure,Proceeding of 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2014),pp. 3248-3253, San Diego, CA, USA,2014年

Daiki Koizumi,On the Automatic Detection Algorithm of Cross Site Scripting (XSS) with the Non-Stationary Bernoulli Distribution,Proc. in the 5th International Conference on Communications, Computers and Applications (MIC-CCA2012),pp.101-105,2012年

Takeshi Matsuda,Cross Site Scripting Attacks Detection Algorithm Based on the Appearance Position of Characters,Proc. in the 5th International Conference on Communications, Computers and Applications (MIC-CCA2012),pp.53-58,2012年

Makoto Nakazawa,The Influence of QoS on e-Learning Environment under Virtual Desktop Infrastructure,Proc. in the 5th International Conference on Communications, Computers and Applications (MIC-CCA2012),pp.30-34,2012年

Daiki Koizumi,A Learning Algorithm of Threshold Value on the Automatic Detection of SQL Injection Attack,Proceeding of The 2012 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'12),Volume II, pp.933-937,2012年

Michio Sonoda,Markov Chain Monte Carlo Method Simulation of SQL Injection Attack Detection,Proceeding of the 11th World Meeting for the International Society for Bayesian Analysis (ISBA) 2012,p.155,2012年

Takeshi Matsuda,Predictive Distribution of SQL Injection Attacks Detection Model,Proceeding of the 11th World Meeting for the International Society for Bayesian Analysis (ISBA) 2012,p.133,2012年

Daiki Koizumi,On the Loss Functions of Bayesian Forecasting for WWW Traffic based on Time Varying Poisson Distribution,Proceeding of the 11th World Meeting for the International Society for Bayesian Analysis (ISBA) 2012,p.124,2012年

Michio Sonoda,On Automatic Detection of SQL Injection Attacks by the Feature Extraction of the Single Character,Proceedings of the 4th international conference on Security of information and networks (SIN2011),pp.81-86, Sydney, Australia,2011

Takeshi Matsuda,On Predictive Errors of SQL Injection Attack Detection by the Feature of the Single Character,Proceeding of 2011 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2011),pp.1722-1727, Anchorage, USA,2011

Daiki Koizumi,On the Bayesian Forecasting Algorithm under the Non-Stationary Binomial Distribution with the Hyper Parameter Estimation,Proceeding of Ninth Valencia International Meeting on Bayesian Statistics,pp.167-168, Alicante, Spain,2010

Daiki Koizumi,On the Hyperparameter Estimation of Time Varying Poisson Model for Bayesian WWW Traffic Forecasting,2nd International Workshop of the European Research Consortium on Infomatics and Mathematics (ERCIM) Working Group on Computing & Statistics,p.22, Limassol, Cyprus,2009

Daiki Koizumi,Bayesian Forecasting of WWW Traffic on the Time Varying Poisson Model,Proc. of The 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'09),pp. 683-689, Nevada, USA,2009

≪国内学会≫

小泉大城,ワイブル分布によるハードディスクドライブの寿命時間の最尤推定について,情報処理学会研究報告(数理モデル化と問題解決,MPS),2017-MPS-114, (3), pp. 1 - 4,2017

小泉大城,尺度パラメータが非定常なワイブル分布の応用について,電子情報通信学会 2016年総合大会講演論文集,p. 50,2016

小泉大城,ベイズ決定理論に基づくウェブトラヒックの信用区間の予測に関する一考察,第38回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2015)予稿集,pp. 235-240,2015

小泉大城,ある非定常なワイブル分布に従う時系列のベイズ最適な予測に関する一考察,電子情報通信学会 技術研究報告(IT2015-33),vol. 115, no. 137, pp. 95-100,2015

小泉大城,電子教材とワークシートを用いた統計基礎分野のブレンディッドラーニングに関する一考察,情報処理学会 第77回全国大会 講演論文集,pp. 4-605-4-606,2015年

中澤真,詳細な学習ログを用いた英語リーディング過程の分析 ~ (3)リーディング過程における学習モデル ~,情報処理学会 第77回全国大会 講演論文集,pp.4-505-4-506,2015年

小泉大城,統計基礎学修のためのブレンディッドラーニングの取り組み,平成26年度私立大学情報教育協会 ICT利用による教育改善研究発表会 資料集,pp. 28-29,2014年

中澤真,テレビ会議システムを用いたサイバーゼミナール形式英語授業におけるネットワーク回線の通信品質とその影響について,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-483-4-484,2014年

中野美知子,多地点サイバー交流授業(世界の英語たちとその誤解の原因) ~ オンデマンド授業と反転授業の試み,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-481-4-482,2014年

小泉大城,統計基礎教育のためのタブレット型端末向け電子教材の試作と評価,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-361-4-362,2014年

荒本道隆,PDFファイルをベースとした電子教材作成支援システム,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-359-4-360,2014年

中澤真,詳細な学習履歴を活用した学習者行動の分析,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-357-4-358,2014年

中澤真,e-learningにおける学習スタイル ― 協働学習と学習ログ分析,日本経営工学会 平成25年度秋季大会予稿集,pp.66-67,2013年

平澤茂一,e-learningにおける学習 スタイル ― ネットワーク協働学習とオンデマンド授業,日本経営工学会 平成25年度秋季大会予稿集,pp.64-65,2013年

平澤茂一,e-learning における学習スタイルに関する一考察,経営情報学会 2013年秋季全国研究発表大会,,2013年

中澤真,通信環境を考慮したeラーニングコンテンツ内のマルチメディア品質設定について,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-477-4-478,2013年

小泉大城,大学教育のための電子教材の試作 〜 タブレット端末向け統計基礎教材 〜,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-467-4-468,2013年

中澤真,早稲田大学の異文化交流授業(CCDL)におけるネットワーク回線の通信品質とその影響について,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-401-4-402,2013年

小泉大城,異文化交流講座 (Cross-Cultural Distance Learning: CCDL) の音質・遅延・画像についての主観調査,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-399-4-400,2013年

中野美知子,異文化交流実践講座 (Cross-Cultural Distance Learning: CCDL) の学習効果調査:ソーシャルスキルは向上するのか?,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-397-4-398,2013年

中野美知子,異文化交流実践講座 (Cross-Cultural Distance Learning: CCDL) の学習効果:学習者の動機を高める授業になっているか?,情報処理学会第75回全国大会 講演論文集,pp.4-395-4-396,2013年

中野美知子,モバイル技術を利用した英単語・読解練習教材実験と仮想化デスクトップを用いたeラーニング実験,大学英語教育学会(JACET) ICT調査研究特別委員会 2011年度ICT授業実践報告書,pp.99-113,2012年

園田道夫,攻撃文字列の特徴抽出とWebアプリケーション攻撃の自動検出へのアプローチ,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.3-557-pp.3-558,2012年

中澤真,仮想化デスクトップを用いたeラーニング~通信環境と端末が及ぼす影響,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.4-481-4-482,2012年

小泉大城,文字集合からの特徴抽出によるSQLインジェクション攻撃の自動検出における閾値学習アルゴリズム,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.3-559-3-560,2012年

小泉大城,仮想化デスクトップによるeラーニング ~ 海外ネットワーク環境からの利用,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.4-479-4-480,2012年

近藤悠介,仮想化デスクトップを用いたeラーニング~英語教育の場合,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.4-475-4-476,2012年

梅澤克之,仮想化デスクトップを用いたeラーニング~認証方法,情報処理学会第74回全国大会 講演論文集,pp.4-451-4-452,2012年

中澤真,仮想化デスクトップによるeラーニングシステムにおける通信品質が与える影響について,日本eラーニング学会2011年度学術講演会発表論文集,pp.92-98,2011

小泉大城,クラウド環境上の仮想化デスクトップを用いたeラーニング,日本eラーニング学会2011年度学術講演会発表論文集,pp.86-91,2011

松田健,オンライン大学におけるリメディアル教育の取り組み,平成23年度私立大学情報教育協会 教育改革ICT戦略大会資料,pp.150-151,2011

小泉大城,クラウド環境上の仮想化デスクトップによるeラーニングシステム,平成23年度私立大学情報教育協会 教育改革ICT戦略大会資料,pp.194-195,2011

小泉大城,Web based Training(WBT)を用いた統計教育に関する完全e-Learningの取り組みについて,平成23年度私立大学情報教育協会 ICT利用による教育改善研究発表会予稿集,pp.50-51,2011

園田道夫,文字単位の特徴抽出によるSQLインジェクション攻撃検出法について,情報処理学会研究報告(コンピュータセキュリティ), 2011-CSEC-52,vol.49, pp.1-7,2011

小泉大城,サービスの開始と終了を考慮したWebトラヒックの非定常Poisson過程によるモデル化について,電子情報通信学会技術研究報告,vol.109, no.449, IN2009-201, pp.343-347,2010

岡村整,エコドライブの定量的評価法に関する研究 ~仮想車両モデルによる標準化~,2008年度東京都環境科学研究所年報,pp.3-9,2008

山田真介,早稲田大学における「セキュリティ用語集」の改訂,PC Conference論文集,pp.85-86,2007

中野晶,ベイズ符号化アルゴリズムを用いたテキストデータ圧縮,情報処理学会研究報告,vol.110, no.3, pp.15-22,2007

魏小比,学内ネットワークの運営及びセキュリティシステムについて,平成18年度情報教育研究集会,pp.567-569,2006

南茂龍之介,記号の出現パターンを考慮した情報源に対するベイズ符号に関する研究,電子情報通信学会技術研究報告,vol.106, no. 184, IT2006-29, pp.25-30,2006

Daiki Koizumi,The Reliability based Hybrid ARQ Scheme with both the Encoded Parity Bit Retransmissions and Message Passing Decoding,電子情報通信学会技術研究報告,vol.106, no.60, IT2006-17, pp.23-28,2006

Daiki Koizumi,A Note on HTTP Traffic Analysis of the Time Series Model with a Time Varying Density Parameter,第28回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,pp.729-732,2005

岩田一,2005年度早稲田大学「ネットワーク技術」教育とその効果,平成17年度情報処理教育研究集会,,2005

Daiki Koizumi,A Study of Reliability Based Hybrid ARQ Scheme with Bitwise Posterior Probability Evaluation from Message Passing Algorithm,電子情報通信学会技術研究報告,vo.105, no.85, IT2005-24, pp.11-16,2005

八木秀樹,セキュリティ確保を目指した学外ネットワーク接続に関するサービス運用について,平成17年度情報処理教育研究集会,,2005

小泉大城,インターネットトラヒックのポアソン分布に従う非定常な時系列モデルを用いた解析に関する一考察,第4回情報科学技術フォーラム講演論文集,pp.35-38,2005

小林直人,再帰的組織畳み込み符号を利用したReliability Based Hybrid ARQについての研究,電子情報通信学会技術研究報告,vol.105, no.311, IT2005-52 pp.7-11,2005

小泉大城,早稲田大学における学内ネットワークセキュリティ保全について,PCカンファレンス2005論文集,pp.257-260,2005

松山響子,新入生を対象とした情報倫理教育,PCカンファレンス2005論文集,pp.191-194,2005

古川勉,WBTによる数学教育の効果,PCカンファレンス2005論文集,pp.161-162,2005

アフマドルリィ,早稲田大学におけるセキュリティセミナーオンデマンド化について,PCカンファレンス2005論文集,pp.413-414,2005

岡野洋平,単一ループをもつグラフィカルモデルにおける確率伝播型アルゴリズムに関する一考察,第28回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,vol.1, pp.1-4,2005

岡野洋平,Tailbiting 畳込み符号の復号アルゴリズムに関する一考察,電子情報通信学会技術報告,vol.104, no.229, IT2004-26, pp.47-52,2004

浮田善文,質問学習に直交計画を用いた場合の予測アルゴリズムに関する一考察,人工知能基本問題研究会,SIG-FPAI-A402-12, pp.25-32,2004

Daiki Koizumi,The Generalization of Bayesian Network's Deductive Method,電子情報通信学会技術研究報告,vol.98, no.211, IT98-32, pp.25-30,1998

個人サイト

Researchmap
ORCID